Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/turisugiyo/imatester.fun/public_html/wp-content/plugins/feedwordpress/syndicatedlink.class.php on line 302
imaテスターまとめチャンネル | imaテスターをまとめました。 - Part 17

流れ適応で連発♪

下げ半ばの湾奧河川へ。 ここでは最近の傾向として 下げ始めではベイトが回ってこないため 潮位が下がり流れがかっとんだ時間帯での勝負。 水辺へ降りるとすでにベイトの気配と それにモジるような捕食の仕方で水面に波紋が出るのが見える。 流れは全体的に似たような流速で流れていて いくつか筋は入っているが魚の位置は結構まばら。 水面直下系のルアーから流してみたが 反応がなく数十センチ下げてマリブ78で流してみる。 北風もやや吹いていたのでラインスラッグは余計に出るなか 着水点を調整しながら流していくとゴンッと...

誘って食わせるゲーム♪

今年の晩秋は気温があまり下がらず 寒波も来ていないこともあってか 水温が全然下がらない。 深夜の上げで出かけると 運河の表層にはベイトの気配。 それでもボイルが起こることもなく 水面は至って穏やかでシンペン、ミノーと巻いてみたが 反応なく、スーサンにかえて連続ジャークで誘ってみる。 夏に比べると潮色はかなりクリア。 その分見切られやすいので ための効くダートで追いかけさせる。 ゴンッ!とすぐに反応してくれてキャッチできたものの 後が続かず河口域へ移動。 常夜灯の落ちる灯りの中にぽかっと浮いた魚を狙っ...

走るタックルボックスの話

さてさて、、、僕の走るタックルボックス(別名・ゴミクルマ)が最近すこぶる調子が悪いアクセルを一定に踏んでも「ウオン、、、ウオン、、、ウオン」とオンオフを繰り返した様になってしまうのだそろそろ潮時か走行距離も15万キロを超えている来年2月が車検だが、車検を通すとなると色々と替えるパーツが多く、金額もかさむであろうそんな時、我が家の長老の母が「秀樹、わたしゃ〜クルマ買うけん‼️」「はっ❓何言ってんの⁉️」「だからクルマ買うけん❗️11月が車検だけん、クルマを買い換える‼️もう軽は飽きたけん、今度はリッタ...

シーズンイン

ご無沙汰しております。 川本です・・・・ まぁ毎度の事ですが色々諸々色々諸々多忙でして 今月もイベントトレイル そして今月から来月にかけロケ予定も・・・・ まぁそんな合間を縫って秋めいた河川や海へと足繁く通っておりまして この2週間くらいでしょうか? ホームエリアはいっきにシーバスが動き始めた感があります 今年は水害の影響もあって落ち鮎も少なめ それを狙うシーバスも少なめときたもんですから、大好物のドリフトの釣りはほぼやらずにイナッコ着きをシコシコ釣っております そこで大活躍なのがYOICHIシリー...

プロアングラーの矜持

さてさて、前回のブログから大分時間が経ちましたが、今回は『プロアングラーの矜持』と大々的な“お題”を書いてみました。というのも僕自身、色々なタイプのプロアングラーの方々と運良く釣りをさせて頂きました。そして感じたのが、各々のプロアングラーのその特徴的な武器(利点とも言う)が有り、その武器を磨きつつも、オールマイティーに全ての武器を高い基準で使いこなしていると言うコト。更に釣りが上手いだけではなく、魚を探す能力も物凄く長けていると。例えばアムズデザインのプロスタッフで言えば、、、濱本国彦氏は、上物釣り...

立て続けに食った港湾ランカー

先日まわった港湾エリア。 他のエリアに比べてアベレージサイズが良かったことから 気になっていたが 潮位の高い時間帯ではあったものの 潮は限りなく緩かった。 同じところへ入ろうとしたが 先行者がいたので同じ潮が到達するポイントへずらす。 ここも相変わらず水面にセイゴがあちこちにいて 少し沖目でカモメが水面に刺している様子は何度かあったが ベイトは目視できない。 ゆるい上げのタイミングでポイントに入ったが 流れはわずかしか効いておらず 北風で表層の潮が流れているように見える程度。 少しでも潮が当たる側を...

ベイトの回遊ルートに見るシーバスのつき場

安定しているとは言えない港湾部。 潮によっても場所によってもベイトの入り方には それぞれ差があり癖がある。 最近みていた港湾部のポイントでは ベイトっ気がなくなってしまい どの場所も潮は至って澄み気味。 シーバスはどこのポイントにもほぼ居るんだが 澄み潮で見切られやすく ベイトとリンクするタイミングや潮の動くタイミングが 重要なのはもっともだが その要素が足りないところでも魚はいる。 ディープ隣接でいつでもベイト回遊の可能性があり 潮位タイミングと地形や構造的な要素が絡むポイント。 そんなところに溜...

オータムジャイアント!

やっと来ました!香川でもジャイアントなシーズンが!(笑)水面のV波紋を駆使しながら、水面直下を攻略するのですが、流石の地元サイズでは中々乗らないのですが、それでも水面炸裂バイトはキュンキュンする楽しさが満載です!下げでは淡水が勝つのでフックをノーマルで!上げでは海水が入り浮力が強くなるので、フックを1番に変えてあります!ほんの少しですが少し巻きを入れた時のボディの入り方が違って来ます!正直、、、、地元でここまで炸裂が連発、しかもオリジナル入れてもバイトが出ないのに、ジャイアント入れたら爆裂!なんて事...

アテンドよりも現地のインチキガイド(クスクス)

さてさて皆さん、、、アテンドの意味って知ってます?昔、紙オムツのCMでもお馴染みでしたが、、、イヤそれは「アテント」か?(クスクス)和製英語の意味としては「世話をする」や「案内人」「介添人」と言う意味があるらしいが、、、本来の英語の意味としては「接待する」や「介護する」が正しいようで、僕自身が後輩アングラーに冗談で「介護釣行に連れて行ってくれよ!」と冗談で言うのと余り意味が変わらない様な気がする。僕としては、アテンドと言うよりも「現地のインチキガイド」として、一緒に釣りに同行するコトを以前より行って...

シーバスパーティー2018

2年ぶりとなる熊本、山本釣具さん主催の「シーバスパーティー」に参加させて頂いて来ました!バトルに参戦された方、総勢350名オーバー!何というアングラーの数なんでしょうか!もちろん県内外から集まって来ている訳ですが、それにしてもこの大会への関心の高さを感じずにはいられないですよね!Apiaとしてブースも出させて頂き、常駐、お客様対応させて頂きましたが、、、、皆んな「熱い!」(笑)秋のハイシーズンど真ん中って事もあるんでしょうが、皆んな凄い熱量で!そして、表彰式!80オーバーが24本??だったかな?90...